心理効果

思い込みこそ最強! 「プラシーボ効果」

思い込みで病気が治癒する。

そんな話聞いたことありませんか?

それが、プラシーボ効果

医学の世界、心理学の世界で注目の効果なんですよ。

見方を変えれば、“魔法”と言ってもいいかもしれません。

最近、このプラシーボ効果に注目しているので、まとめてみました。

魔法の扉を開けてみたい人は、最後までぜひお読みください。

プラシーボ効果とは

別名、「偽薬効果」・「プラセボ効果」とも言われます。

偽薬効果という名称からイメージできるかもしれませんが、例えば、単に小麦粉を水で溶いて丸めたものを、フライパンで軽く炒って薬に見立てます。

この見立てた物を「プラセボ」と言います。

このプラセボを「とても効く風邪薬」だとして、風邪をひいている人に飲んでもらうと、あら不思議。その風邪が治ってしまうというんです。

実験では、下痢、不眠、痛み、緊張緩和などにも効果があるとされています。

プラシーボの英語、フランス語では「placebo」と表記し、語源はラテン語の「喜ばせる、満足する」からきています。

中世のヨーロッパにおいても「患者を病気から救い、喜ばせる」という意味合いで使われていました。

プラシーボ効果、なんか、すごくないですか?

薬の有効成分なんて入っていないので、当然薬の効能なんてありません。

ではなんで、治ってしまうのでしょうか。

プラシーボ効果のメカニズム

気になるのが、そのメカニズムです。

プラシーボ効果が、なぜ病気に効くのかを紐解いてみましょう。

ベン・シャナン博士らのラット研究によって、脳の「報酬中枢」が大きく関与していることがわかりました。

報酬中枢は、快楽や期待というものに大きく関わっています

実験では、この報酬中枢(「正の感情」に影響を及ぼす部分)を活性化させた後、病原菌に感染させ、その後の状況を観察しました。

すると、なんと病原菌の繁殖が抑制されたというのです。

つまり、免疫力が高まったということ。

これが、プラシーボ効果の根源です。

「思い込み」パワーで、脳が活性化し、免疫力が高まり、病気が治癒していくというもの。

私は、このプラシーボ効果を心理学というアプローチから知ったのですが、医学的にも、脳科学的にも立証された効果だということがわかりますね。

プラシーボ効果ってホントに効くの?

でも、本当に効くの?プラシーボ効果って。と半信半疑の人も少なくないと思います。

ここでは、数々のプラシーボ効果の効果事例をご紹介したいと思います。

漆でかぶれた

有名な話ですが、2つのグループに次のような実験が行われました。

一方には「漆の葉」を「栗の葉」と伝え、もう一方には「栗の葉」を「漆の葉」と伝えて触ってもらうというもの。

その結果は、「栗の葉」のグループに湿疹が出て、「漆の葉」のグループには何も症状が出なかったといいます。

皮膚の反応も、脳がコントロールしたということですよね。

ノンアルコール飲料で酔う

単なるノンアルコール飲料を、あたかもお酒として飲んでもらったところ、なんと酔い始めてきたといいます。科学的にも脳の状態が飲酒時と同じ状態だったとのこと。

不思議な現象ですよね。

成績が向上

ごくごく平均的な成績の生徒を集め、「ここに集まった生徒は優秀である。優秀な教師とともに、より高見を目指してほしい」と告げたところ、全校の平均で30%以上の成績UPが認められたといいます。

これは、期待して成長を促す「ピグマリオン効果」にも通ずるものがあります。

以前の記事でまとめていますので、良かったらお読みください。

君ならできるこの記事で分かること プロスポーツの世界で、監督がスランプにある選手を起用し続けることで、いずれ結果を出す。 よくある話です。 ...
【人事部長リアルに実践】デキル男性上司は女性部下の褒め方が上手女性の部下を持つ男性上司の皆さん。女性の部下とうまくコミュニケーションをとる秘訣は、女性部下の褒め方だったんです。でもどうしたらいいのかとお悩みの男性の上司も少なくない。この記事では、女性の部下を持つ、男性上司の方で、毎日毎日気を使いながら女性部下に向き合っているんだけど、何かしっくりこない、何かうまくいかないと思っているアナタに最強&最適な女性部下の褒めテクニックについてお話いたします。 もちろん、現役人事部長の私が日常からマネジメントに取り入れて、実証済みでテクニックです。...

わかっていても効くのがプラシーボ効果のスゴイところ

プラシーボ効果の凄いところは、「自分で自分にプラシーボ」できるんです。

つまり、自分自身に発動できちゃうということ。

この効果ってすごくないですか?

自己暗示、アファメーションに近いとも言えますね。

「自分は出来る!」の思い込みで、ぜひプラシーボしましょう。

医療の現場でも活用されているプラシーボ効果

臨床の現場

薬を検証する臨床の現場では、このプラシーボ効果を踏まえた対応が採られています。

プラシーボ効果の影響を受けずに、薬自体の有効性をジャッジしなければなりませんからね。

実際には「二重盲検比較試験(Double Blind Controlled Test)」という通称「ダブル・ブラインド」という手法で、プラシーボ効果を踏まえた検証が行われます。

患者はもちろんのこと、医師、看護師、薬剤師等の関係者が一切わからない状態で、先入観や予備知識を完全に排除して行われるのです。

まぁ、それだけプラシーボ効果が強力だと言うことですね。

プラセボメーカー

なんと!

偽薬(プラセボ)の専門メーカーがありました。

会社名はそのままズバリ、プラセボ製薬株式会社さん。

潔し!の社名ですよね。

企業理念が秀逸です。

「人のために偽物だからできること」

「偽物=悪いもの」という現代の社会通念に一石を投じる見事なキャッチです。

 

「本物では直せなくても、偽物で直せることがある」ということですよね。

偽物ばんざーい!!

早速、購入してみました!

当たり前ですけど、加工食品なんですね。

現代は薬漬けなんて揶揄されるぐらい、薬だらけです。

ちょっと体の具合が悪くなると、病院に行って、薬が処方される。

逆に、飲み過ぎて体を害してしまうなんて笑えない状況も。

最近は、処方薬で胃が荒れるからと、胃腸薬も一緒に処方されるぐらいですもんね。

プラセボは医療費削減の切り札になるか!?

プラセボの未来像を考えた時に、浮かんだのが医療費削減効果に寄与できるのではないかということ。

ジェネリックともう一つの柱としての位置づけになりうる可能性を秘めているのかもしれません。

プラシーボの逆はノーシーボ

ノーシーボ効果

その効果は、プラシーボの逆。

無害なのに、有害だと思い込み、実際に体調が悪くなったり、場合によっては病気になったりすること。

先に述べた通り、有害だと思い込むことで、免疫機能が低下し、病気にかかりやすくなるというメカニズムです。

時に、ノーシーボ効果で命を落としたなんて事例もあるんです。

2005年に発表された科学誌の論文によると、医師の診断ミスで余命数カ月と誤った情報を訊かされた患者さんは、生気を失い、見る見るうちに体力は衰え、余命を全うすることなく亡くなってしまいました。

ノーシーボ!?

「私はそんなこと思わないから大丈夫!」って言っているアナタ!
実は、結構みなさんノーシーボ効果の影響を受けやすい環境下にあると言われているのですよ。

最近で言うと、コロナワクチンの副反応。

ニュースとかで、副反応の話を聞くと、大丈夫かな? 何か悪影響はないかな?

とか、心配になる人もいますよね。

あの心配の延長には、ノーシーボ効果が隠れているかもしれません。

ぜひ、注意したいものです。

まとめ

 

今回は、ある種の“魔法“とも言える、プラシーボ効果についてまとめてみました。

①プラシーボ効果とは

②プラシーボ効果のメカニズム

③プラシーボ効果ってホントに効くの?

④わかっていても効くのがプラシーボ効果のスゴイところ

⑤医療の現場でも活用されているプラシーボ効果

⑥プラシーボの逆はノーシーボ

繰り返しになります。

プラシーボ効果をどう捉えるかは皆さん次第ですが、その効果は医学的にも脳科学的にも立証された“効果”であることは言うまでもありません。

そして、このプラシーボ効果は、自己暗示やアファメーション(言葉を使って臨む未来を現実化する)に近いものとも言えるかと思います。

使い方次第では、例えばビジネスシーンとかで、自分のパフォーマンスを向上させることも出来るでしょうし、部下などへのマネジメントにい活かして、育成や秘めたる能力の開花にも一役買うことも出来る効果と言えます。

「信じる者は救われる」、「病は気から」、「痛いの痛いの、飛んで行け〜!」などの昔からの言葉に集約されるのが、このプラシーボ効果なのかもしれません。

人の“思い込む”という力は強力です。

でも、プラスに働かず、マイナスに働いたときの力も強力なので、ぜひその落とし穴に落ちないよう注意しないとですよね。

今回も最後までお読みくださりありがとうございました。