メンタル

目が本音を語っています

 

この記事の結論

相手の目の動きで、ホンネを読み取ることができます

相手のホンネを知ることで、物事を優位にできたり、戦術を変えたり、予防線を張るなんてこともできます。

ただし、”嘘も方便”と言うように、他社とのコミュニケーションでは、かわいい嘘も含めて関係性を築くもの。

なので、あくまでも悪用は厳禁です。

目は口”以上”にものを言います

「目は口ほどに物を言う」という諺(ことわざ)は、昔から言われています。

意味は、

「情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に、相手に気持ちが伝わるものだということ。」引用:故事ことわざ辞典

しかし、私的には、「目は口”以上”に物を言う」と考えていまます。

しかも、無意識の感情が表面化する、雄弁な情報発信元です。

アイ アクセシング キュー

目の動きで相手の本音がわかるとしたらどうですか?

昔から、「目は口ほどにものを言う」と言われてきましたが、私的には「目は口以上にものを言う」と言っても過言ではないと思います。

口は、時として「嘘」を言うこともありますが、目は、その嘘を隠しにくい潜在意識の現れとして出てきますからね。

その目の動きから本音を読み取れるとしたのが、心理学セラピストのリチャード・バンドラー、言語学者のジョン・グリンダーが提唱する「神経言語プログラミング」です。

人は何を考えているかによって”視線”を向ける方向が変わってくるというもの。

これが、アイ・アクセシング・キューと呼ばれる、視線解析です。

相手との会話で、相手の何気ない視線をチェックすると、その心理状態が読み取れてしまうというもの。

その心理状態は下図の通りとなります。

このアイ・アクセシング・キューは残念ながら個人差があります

また、右利き、左利きで、心理状態が逆転することも言われています。

上の図は、相手が右利きだった場合の心理状態です。 

左利きの場合は、左右が逆になります。

絶対的な法則なら良いんですがね(^^♪

また、目線が”上”以外の場合もあります。

使い方

アイアクセシングキューの使い方は、そう難しいものではありません。

前項で触れたように、右利き、左利きで見方が反対になりますので、まずは相手が、”どっち利き”かを確かめる必要があります

私は、人事部長として、入社や社員等、日々面接、面談を行っているのですが、必ず相手が”どっち利き”かを把握する癖がついています。

ビジネスシーンだと、簡単に把握できます。

多くの人が、メモをとりますからね。

どっちの手にペンを持っているかで、把握できてしまいます。

入社面接などでは、メモをとる場合もあれば、とらない場合もありますので、面接時には、メモをおとりくださいと促したり、なにか書く行為を求めたりすることもあります。

一番簡単なのは、入室時に、ドアノブをどちらの手で持って開閉するかでも、利き腕の把握ができます。

利き腕が確認できたら、あとは、アイアクセシングキューの考え方に基づいて、視線を追うだけ。

ただ、アイアクセシングキューも絶対ではありませんから、まずは目安としてとらえ、「あ~なんか言っていることが怪しいなぁ」となれば、さらに質問をして、その真偽や、借り物の発言内容かな?なんて探ることもあります。

面接でそんなことやってんの!?なんて思われそうですが、面接はとても重要なプロセスです。

ここで、しっかりとした人財を見極めないと、入社後のトラブルの元。

人事部長としての責務だと思っております。

ほかに目からの情報で分かること

相手がじっと自分を見つめてきたら・・・

人と話をするときは、相手の目をみつつ、適度に視線は逸らすもの。

付き合って日の浅いカップルならまだしも、これは、無意識のうちに誰しもが行っていることです。

しかし、時に相手が、じぃ~っと目を見つめてきたら、警戒されているサインです。

とくに、初対面でそうなると、さらに可能性は高くなります。

逆に、視線を合わせてくれないとなると、あなたや、話にもはや興味がなかったり、あなたに対して否定的な感情を抱いている可能性が高くなります。

聞きたくもない話を相手がしてきたら、あなたの態度も、きっとそうなるはずです。

ですので、視線の置き方、向け方で、相手の感情を察することができるようになります。

相手のまばたきが多いときは・・・

人は、不安や緊張を感じると、無意識にまばたきの回数が増えます

 

通常ですと、3~5秒で1回程度。

しかし、緊張や不安を感じると、脳内伝達物質であるドーパミンが活性化し、まばたきの回数が多くなります。

そして、パチクリ(古っ)として、強いまばたきになります。

相手が緊張しているな、焦っているな、不安を感じているなと察することができれば、交渉時に優位に立てることも容易になりますね。

相手のまばたきが多いなと感じたら、一気呵成に攻め込むなんて戦術もいいかもですよ。

ネゴシエーション(交渉)の、基本的なスキルの一つです。

視線で相手より優位に立ちたいときは・・・

視線をコントロールするだけで、相手より優位に立てるとしたら・・どうしますか?

普通、相手と会話をする時って、相手の目を見ますよね。

つまり、視線が交わります。

その視線を、ふっと外すだけで、相手より優位に立てるという実証実験があるのです。

視線を外されえた方は、「えっ?」「何?」「どしたの?」と直感的に不安に駆られるという心理状態になります。

私の経験上、プラスアルファのテクニックとして、目線を外した後、軽く首も外した視線側に外すと、更に相手に「えっ?何々?」という不安感を抱かせることができます。

更に、すこし険しい顔をしたり、眉間にしわを寄せたりすることで、パワーアップします。

交渉術の一つとして、覚えておくと良いかもしれません。

まとめ

コロナ禍では、皆がマスクをしています。

マスクをしていると、顔の半分以上が隠れてしまい、口元周辺の情報がわかりずらくなり、より相手の感情面が感じにくいもの。

そんな中、目からの情報というのは、より重要になってきます。

個人的には、これから相当期間マスクは手放せなくなるでしょうから、目から得られる心理情報を知っていると知らないでは、大きな違いが出てきます。

今回の記事で触れていない、目から得られる情報、シグナルは他にも数多ありあす。

機会をみて、またご紹介したいと思っています。