コミュニケーション

誰とでも一気に距離を縮められるコミュニケーション方法

この記事でわかること

人間関係で悩むのが、コミュニケーションです。

とくに、今まであまり接点がなく、どのように付き合っていけばわからない時とか、お付き合いしたい異性がいるけど、どのようにコミュニケーションをとっていけばわからないとか。

そんなお悩みをもっている人、少なくないですよね。

今回は、そんなコミュニケーションのお悩みを持っている皆さんに、とっておきのコミュニケーション方法をご紹介しちゃいます。

一気に相手の懐に入って、ほかの人よりも一歩も二歩も先をリードするとっておきのテクニックです。

しかも、実に簡単な方法なのに、みんな正反対のことをやっちゃっているので、それが出来ちゃうあなたは、セルフブランディング形成にも効果的。

これ、私も普段から心がけている方法で、部下とのマネジメントコミュニケーション法としても有効ですし、ビジネスシーン全般や恋愛シーンでの応用もバッチリなテクニックです。

良かったら、是非最後までお読みくださいね。

アドバイス・シーキング

そのテクニックとは、アドバイス・シーキングです。

アドバイス・シーキングとは、お近づきになりたい人、親しくなりたい人に「相談」をすることによって、「お相手から好印象をゲット」してしまうテクニックのこと。

相談で??

そんなんで、好印象をゲットできるのっ??

と思われる方もいるでしょうね。

 

では、そのなんでか?の理由を探っていきましょう。

 

まずは、アドバイス・シーキングの実験ついてみてみましょう。

アドバイス・シーキングの研究で有名な、ケイティ・リルジェンクィストの実験結果をご紹介します。

ケイティ・リルジェンクィストは、被験者を「売り手」と「買い手」に分けて、不動産の販売を想定した交渉をさせました。

その時、「売り手」のミッションは、不動産を最高の価格で売ること。

しかし、結果は惨敗でした。

成約率は8%程度。

次に、「売り手」が「買い手」にアドバイス・シーキングをした場合はどうでしょう。

なんと、その成約率が、なんと42%に上昇したにです。

この時のアドバイス・シーキングの内容は、価格の折り合いをつけるためにはどうすればいい?というもの。

こんなアドバイスを求めただけで、5倍以上に成果が跳ね上がったんです!!

これ、驚きの実験結果ですよね(^^♪

 

 

 

まずは、こんなシーンをイメージしましょうか。

 

あのう、〇〇さん。労務に詳しいと伺ったんですけど、ちょっと相談に乗っていただけませんか?

おっ(嬉) ◎◎ちゃんから相談をしてきてくれた。頼ってくれて、うれしい。力になってあげたいな。

こんな時、相談された人はどんな心理状態になるのか。

①相談した人が自分の弱みをOPENにしてくれたことで、相手に対して好印象を抱きます。

弱みを見せてくるなんて、私に秘密を打ち明けてくれたのかな(嬉)
②頼られたということで承認欲求が満たされます。

頼ってきてくれて嬉しい。力になってあげたいな。
③更に、自己拡大欲求が満たされることも。

意識してなかったけど、こんなことであの子の役に立てるんだ。

フィードバック

相談をして相手に好印象を持ってもらったら、更にその効果を上げるためにフォローアップ策を意識しないともったいない。

やるべきは、フィードバックです。

相談をしたあとは、そのアドバイスを受けたことを実践するんです。

「ありがとうございました」に、

「やってみます」

「試してみます」

の一言をプラスして、実際にそのアドバイスを実践してみるんです。

 

後日、アドバイスをしてくれたひとに会った時、

「あの後、すぐに試してみました。そうしたら、こんなに良いことがありました」なんて言った日には、相手は超ハッピーになりますよ。

 

そして、あなたの役に立てたことで、承認欲求はバキバキに刺激され、更なる欲求を求めるようになります。

もっともっと、あなたの役に立ちたいというモチベーションにつながるんです。

そして、そこからあなたへの好印象が爆上げし、気になるようにもなるんです。

 

そして、

なぜ?

気になる?

から、認知的不協和が生まれ、時に恋愛感情にまで発展することも珍しくありません。

なんとなく、わかりますよね。

相談から恋愛に発展なんて、ベタすぎるぐらいわかりやすい話です。

まとめ

今回は、一気に相手の懐に入って、ほかの人よりも一歩も二歩も先をリードするとっておきのテクニック

アドバイス・シーキングをご紹介しました。

そして、その効果を爆上げするフォローアップのフィードバックの重要性についてお話しました。

このテクニックは、ビジネスパーソンも多用しているテクニック。

もちろん私も実践していて、部下のマネージメントテクニックとしても活かしています。

あえて部下に相談に乗ってもらうんです。

そうすると、部下のモチベーションがあがるのが実感できます。

マネジメントパーソンの皆さんにもお試しいただきたいですね。

また、以前の記事「味方を作って意見を通す」の味方を作るときのテクニックとしても、このアドバイス・シーキングは使えますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。しかもめちゃくちゃ強烈ですから。(^^♪